聞きづらいこと
知りたいこと

外断熱工法ってどういう工法ですか?

外断熱工法(外断熱躯体内換気対流システム工法)とは建物の外側を高性能ボード型断熱材ですっぽりと魔法瓶のように包み込み、家の中の温度差をなくす工法です。この工法は、壁の中・床下・天井裏などの中が室内と同じ環境に保たれ、断熱材内側の家全体が常に適度な環境の動く空気に触れていることになります。こちらの工法の効果としては、
・壁の内の結露やカビの発生、害虫を抑える。
・建物の耐久性が向上する。
・蓄熱効果が高く、省エネにも役立つ。(基礎蓄熱暖房を標準装備)
・夏冬ともに少ないエネルギーで快適な室内環境を保つ。(冷暖房効果が高い)
・防音効果が優れている。
などがあげられます。冬場、夏場関係なく、快適に過ごすことと、建築コストを考えての設定になっており、「断熱・気密・換気」の3つのバランスがとれた健康で快適に過ごせる空間が実現されます。

窓は一切開けない方がよいのでしょうか?

一年中家の窓を閉め切っておく必要は全くありません。冷暖房を使用しなくても快適な季節であれば、窓を開けて外の風を取り込むことで快適に過ごしていただけることでしょう。

電気代は安くなりますか?

冷暖房の効率が非常に良い造りのため電気代を抑える事が可能です。またオール電化にした場合にはさらに光熱費を抑えることが可能になります。

家を建てる際の流れを教えてください。

まずはご相談・計画打合せを行い当社の建物のご説明をさせていただきます。その後はご希望プラン・条件のチェック等を行いながらお打合せを進めていく形になります。詳細につきましてはこちらをご覧ください。

せっかく建てる家なのでデザインにもとことんこだわりたいのですが・・・

デザインについては、当社の非常に重要視している部分です。今までに手掛けさせていただいた施工例をぜひご覧ください。世界にたった一つだけのデザイン空間を創らせていただきます。

地盤調査はよく耳にする「ボーリング」じゃないんですか?

「ボーリング試験」は公共事業や重量鉄骨造・RC造などの重量物物件に用いられる方法で、一般木造住宅では「表面波探査法」や「スウェーデン式サウンディング」を用います。通常どちらか一つの方法を行うのが一般的ですが、弊社では出来る限りの結果を得るため両方試験をし、総合したうえで施主様に調査結果報告をさせていただいております。その結果を基に地盤の状況に合わせた適切な基礎や工事を選択しています。弊社が行っている調査方法の詳しい説明はこちらをご覧ください 。

高気密と聞くと息苦しいイメージがありますがどうですか?

「高気密」にするのは、空気の流れをコントロールするために行っていることです。空気は勝手に動くため、いったん家の内側と外側の空気の行き来を遮断する必要があります。そして必要なところへ必要な分だけ空気を取り入れ、空気の流れをつくり、排気をするのです。この空気が循環するシステムのために家の隅々まで空気の流れができますので家の中には常に新鮮な空気が循環しますので、常に快適な環境となります。

ヒートポンプ式温水基礎蓄熱暖房の電気代や設置費用は、高そうなイメージですが?

同じ電気を利用する床暖房と比べると、床暖房はリビングだけ、キッチンと・・などの床に設置し、部屋にいるときにスイッチを入れています。それに比べヒートポンプ式温水基礎蓄熱暖房は1階床全ての基礎が夜間電力で寝ているときに暖められ、どの部屋も暖かくなります。設置費は半額くらい、電気代も1/4くらいと断然お得です。

蓄電池や太陽光EV連携器、太陽光発電は補助金が出るそうですね。

新築の建物で栃木県宇都宮市で、蓄電池や太陽光EV連携機器、4Kwの太陽光発電システム(ソーラーフロンティア製)・を導入するとして・・・
(29年度)
宇都宮市:1Kwあたり1万円(上限8万円)×4Kw=4万円の補助金があります。宇都宮市では蓄電池は補助対象経費の10%
(上限30万円)太陽光EV連携機器は補助対象経費の10%(上限10万円)の補助があります詳しくはこちらをご覧下さい。

新築を依頼する際に、特に気をつけることはありますか?

こちらはお客様皆様にご提案していることですが、収納についてはかなり余裕をもっておかれた方がよろしいと思います。収納は、ただ場所を確保するだけでは不十分です。収納のしやすさも重要な要素となってまいります。当社ではそういった荷物の出し入れのしやすさにもこだわった家づくりをしておりますので、ぜひご相談いただければと思います。

耐震性はどうでしょうか?

木造軸組み工法は、日本の伝統的な木造建築工法の発展したもので、在来木造ともいわれます。基本的に、柱、梁、筋交い、火打ち梁といった縦横斜めの木の軸で各方向から加わる力に対抗する躯体構造になっています。工程としては、鉄筋コンクリートの基礎の上に、土台の木材を連結して、土台の上に垂直に柱を立て、火打ち梁などの斜めに用いる梁などで固定して、さらに 柱と柱の間に斜めの筋交いを入れて補強するといった工程になります。こちらの工法は耐震性においても非常に高い性能をもっております。詳しくはこちらをご覧ください。

シロアリ被害の不安が・・・

我が国の代表的なイエシロアリは地中を掘って建物内に侵入してくることが多く、当社では地中からの対策として4重のガードをしています。シロアリは空気の流れにも敏感でこれを嫌う性質があります。KUオリジナルの躯体内換気システムで空気の流れも万全です。詳しくはこちらをご覧ください。